光パワーメータ

211a

画像はグレイテクノス製 Model 211A

光信号を受光して電気信号での電力値として測定する計測器で、通信装置受光レベル、伝送損失試験、信号導通チェックなどと幅広い用途がある基本的な計測器です。

受光レベルを測るのみの場合(絶対値測定)と伝送損失を測る場合(相対値測定)と2通りあり。
前者のみ対応の製品は低コストで、両方対応した製品はややコスト高を認識すべきです。

装置への受光レベルを計測するのみの用途であれば、前者(絶対値測定)

伝送損失まで計測する用途であれば、後者(相対値測定)が可能な型式のタイプを選択すべきです。

光パワーメータの導入検討について必要と懸念される情報記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする