可視光源

赤いレーザー光源で、目に見えるため光というイメージがし易い光源です。

レーザー光源であるため、見ると目が焼き付いて損傷を与えるため、作業をさせる側からすると、あまり利用して欲しくない光源でもあります。

対策としては、出力の低い光源を利用させるしか手段がなく、それでも目の損傷は少しマシになる程度で、避けられません。あくまでも個人の自己責任での利用をうながすしかないのが現状です。

主な用途としては
  • ファイバ心線の識別対照
  • 断線確認、
  • コネクタ差し込み状態での導通確認

以上となっています。

可視光源の導入検討について必要と懸念される情報記事

可視光源のオートパワーオフ機能は必要なのか

可視光源は、一部の機種にて「オートパワーオフ機能」が付いています。 可視光源はLD(レーザーダイオード)光源です。 ここ近年、省エネ化で話題…

コメントなし

可視光源使用禁止になる状況とは

  可視光源による光ファイバ心線の断線確認や心線対称識別は非常に便利でわかりやすく根強い人気です。 何しろ赤い光を目視で確認出来るのですから…

コメントなし

可視光源を見すぎて目がおかしくなるか

可視光源は、ファイバ心線の線番確認の為の心線対照や断線確認をするのに最も分かりやすいやり方なので、根強い需要があります。 ですが、最も取扱の…

コメントなし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする